運営拠点がフィリピンのネットカジノ「安全性と信頼性」

太平洋に浮かぶ美しい島々が魅力的な “ フィリピン “ は、日本からの直行便も多い人気の南国リゾート地であり、韓国と並び『カジノ産業』が盛んな国としても有名です。

フィリピンでは、政府機関から『ゲーミングライセンス』を取得することで、ランドカジノおよび ネットカジノの運営が可能になりますが、中には「賄賂漬けで腐敗した、無法状態の粗悪カジノ?」と不安に感じる方も、少なくないようです。

今回は「フィリピンを拠点に運営するネットカジノの安全性と信頼性」をご紹介します。
 
 

フィリピン国営の『PAGCOR ライセンス』が必要不可欠

 
国営の『PAGCOR 発行のライセンス』取得が必要不可欠
 
フィリピンでは『PAGCOR(フィリピン娯楽賭博公社)』と呼ばれる政府機関が、ゲーミングライセンスを発行しています。

PAGCOR は、主にランドカジノを管理する機関ですが、ネットカジノが世界的に普及した現在、ネットカジノゲーミングライセンス事業にも新規参入しました。
“ 汚職が当たり前のフィリピン “ というイメージが強いため「PAGCOR も賄賂を渡せば簡単に、ゲーミングライセンスくらい発行出来るだろう」と考える方もいるでしょう。
 
しかしPAGCORは政府から非常に厳しい監視を受けているため、汚職やその他不正行為による犯罪は一切行われておらず、フィリピン政府が発行する『PAGCOR のゲーミングライセンス』を保有するネットカジノに違法性は無い ため、安心して遊ぶことが出来ます。
 
 

【要注意!】中国人経営の『闇ネットカジノ』

 
【要注意!】中国人経営の『闇ネットカジノ』
 
フィリピンでは “ 中国人が経営する様々なショップ “ が幅を利かせており、その波はネットカジノ業界にまで押し寄せ、最近では「中国人が経営する闇ネットカジノが、フィリピンに 300 サイト以上ある」とも言われています。

合法に運営している中国人経営のネットカジノも僅かにありますが、ルールを守らず、無法地帯化している “ ゲーミングライセンス無保有の違法営業サイト “ が多数存在している のが現状で、フィリピン政府は摘発を進めていますが、残念ながら「摘発されては、新しい闇ネットカジノを開業する」いたちごっこ状態となっています。

最近では “ Android対応のネットカジノアプリ “ も配信しており、フィリピンの電子マネーを使って気軽にプレイできることから、被害者数も増加傾向にあります。
「フィリピンで中国人が経営するネットカジノは、ほぼ違法カジノ」だと考え、絶対に手を出さないように警戒しましょう。
 
 

取り締まりに動き出した『中国政府』

 
中国人経営の違法ネットカジノがフィリピン国内に急増したことから、中国政府はフィリピン政府に対して「ネットカジノを違法化しろ」と訴え始めました。
同胞である中国人に「フィリピンでのネットカジノ営業は禁止!」と警告するのではなく、フィリピン政府に訴えるのは意味不明ですが、中国政府としては、何とか中国人による犯罪を減らしたいようです。

内政干渉を仕掛けられた、フィリピン政府にとって「ネットカジノのゲーミングライセンスは、大切な収入源」であり、「すぐに違法化に舵を切ることは難しい」と言わざるを得ません。
フィリピン政府は、最近になってゲーミングライセンスを無闇に発行する事は避けているようですが、それでも 違法営業のネットカジノ は増加傾向にあります。

今後フィリピン政府が、中国人経営のネットカジノに対して、どのような対応をしていくのか、その動向に注目が集まりそうです。
 
 

フィリピンを拠点に運営する『ジパングカジノ』

 
フィリピンを拠点に運営する『ジパングカジノ』
 
フィリピンを拠点に運営するネットカジノと聞いて、業界でもトップクラスの人気を誇る「ジパングカジノも怪しいのでは?」と警戒する方もいるかも知れませんが、ジパングカジノは『PAGCOR 発行のライセンス』の他にも、カジノライセンスの中でも、最も取得が難しいと言われている『イギリス王室属領のマン島ライセンス(GSC)』も保有・維持する、優良ネットカジノです。

日本人限定のイベントやプロモーションも随時開催、遊べるゲーム数も非常に多く、サポート体制も確立していることから、ネットカジノ初心者でも気軽に遊ぶことができます。
特に「年中無休・24 時間完全日本語サポート」は、専門の日本人スタッフがチャット・Eメール・電話で迅速に対応してくれるため、外国語の苦手な方も安心してネットカジノを楽しめます。
 
 

まとめ

今回は「フィリピンを拠点に運営するネットカジノの安全性と信頼性」をご紹介しました。
フィリピンでは、政府機関が発行する『PAGCOR(フィリピン娯楽賭博公社)』と呼ばれる “ ゲーミングライセンス “ を保有することで、ランドカジノやネットカジノを合法に運用する事ができます。

しかし、中には “ ゲーミングライセンス無保有の違法営業ネットカジノ “ も多く存在するため「カジノ合法国である、フィリピンを拠点に運営するネットカジノだから大丈夫!」と安易に信用せず、ゲーミングライセンスの有無やサポート体制も注意深く確認しましょう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。